乳酸菌と青汁の関係

 

乳酸菌が入った青汁でダブルのパワー

青汁を便秘の解消の目的で飲み始める人も多いようで、特に、便秘は女性にとっては天敵ともいえる症状です。

 

どうして青汁が便秘解消に有効なのか?と言えば、それは多く含まれている食物繊維によって腸が刺激されて蠕動運動が活発になるからです。

 

最近、乳酸菌を原料に採用した青汁製品がスーパーや通販でも出回っているようですが、これもまた、乳酸菌が腸内環境を改善してくれて便秘の解消を促進する効果を、それに更に青汁の効果に追加するというメーカー側の思惑があります。

 

また、ユーザー側には乳酸菌と青汁との便秘解消効果により、より効果的に便秘解消できるというメリットがあります。

 

「プロバイオティクでもある乳酸菌+青汁=ダブルの便秘解消効果」という方程式が成り立つというわけです。

 

ところで、乳酸菌の種類を大きく2つに分けると、動物性乳酸菌と植物性乳酸菌に別れるそうです。

 

動物性の乳酸菌は、ヨーグルトやチーズなどの乳製品に含まれており、植物性乳酸菌は、お漬物やお味噌に含まれています。

 

ヨーグルト

 

漬物

 

一般的には、植物性の方が過酷な環境にも耐えうる強さを持っていますが、動物性乳酸菌の中にも胃酸に負けないような強い種類も発見されているようです。

 

乳酸菌が生きたまま腸に届けば、腸内の善玉菌の増殖がより活発になって腸内環境の改善に貢献するというわけですね。