妊婦さんにオススメの青汁

 

妊婦さんに必要な葉酸と青汁の関係

葉酸という物質は、一見すると普通の栄養素の一つのように思えるのですが、実はビタミンB群の一種なんだそうです。

 

何だか、難しくて良くわかりませんが、ヌクレオチドの生合成とか、メチル基の生成転換に深く関与しているらしいです。

 

それと、葉酸は私たち人間の細胞の分裂にも深く関わりを持っているそうで、それと同時に新陳代謝とか、成長というプロセスにも関係しています。

 

特に、葉酸は、遺伝子情報の要でもあるDNAを構成する核酸の合成にも深く関係しているため、女性が妊娠してお腹の中に胎児を宿した時に、非常に重要な役割を果たすという事を意味しています。

 

妊婦

 

 

赤ちゃんが、すくすくと健康に育つためには、この葉酸が必要で、不足してDNA情報の不備などが起これば胎児の無脳症などの先天的な異常が起こることもあり、また、母体に関しては、貧血などが起こるリスクが増えるのです。

 

葉酸を一般的な食事から摂取しようとすれば、葉野菜とか、豆類、そしてレバーなどをたくさん食べるのが良いとされています。

 

それでも、なかなか葉酸が摂取出来ていないと思われる場合には、巷で販売されている青汁を飲むのが良いそうです。

 

青汁にはいろいろな種類があるのですが、特に、ケールの青汁には葉酸が豊富に含まれているのでおすすめです。

 

ケールの青汁は、苦くて青臭いことで有名ですが、妊娠時など重要な時期には我慢して飲まれると良いでしょう。