青汁の効果や効能に関して

 

青汁の効果・効能について

青汁は、もうすっかり、日本の民間の中に定番的な健康食品として受け入れられていますね。

 

このように受けれられた背景には、青汁が持っている様々な効果や効能が非常に有益であると民間に認識されているという事があると思います。

 

青汁を飲み始めた人たちが、一番最初に体験するのが便秘の解消だと思います。(ただし、便秘に悩んでいた人についてですけど・・・)

 

この便秘の解消は、実は、ダイエット効果やお肌の美容効果にもつながっていますし、デトックス効果にもなっています。

 

私たちの身体は、胃や小腸、大腸などの消化器官で食物を消化して、それから栄養素や有効成分などを吸収しているのですが、便秘で腸に老廃物が停滞してしまっていると、腸内環境は悪化してしまいますし、その悪影響で、腸の機能も正常に働かなくなります。

 

それが巡り巡って、新陳代謝の効率やお肌のコンディションにも影響しまったりして、いろいろなことに繋がって美容や健康に影響しているのです。

 

また、免疫力が低下すると冬には風邪にも惹きやすくなりますし、ウイルスや細菌に対しても抵抗力が低くなってしまいます。

 

免疫力を高めるには、ケールの青汁が良いです。

 

ケールにはビタミンCやカルシウムも多く含まれますから、ストレスに対して耐性が強くなり、これが免疫力を維持してくれます。

 

また、青汁に多く含まれているビタミンCやビタミンE、SOD、スルフォラファンなどの抗酸化成分などはアンチエイジング効果を発揮しますし、桑の葉の青汁に含まれているDNJという物質は、血糖値の上昇を低下させてダイエット効果を発揮します。

 

このように、列挙していくだけでも青汁には様々な効果や効能があり、それゆえに、民間の中に永く受け入れられ、愛飲されていることが良くわかります。